ブロック動作を正確に行うには?

円盤投げでのブロック動作がしっかりできていますか?
円盤投げの技術にはいろいろありますが、その中の一つに正確なブロック動作をすることが挙げられます。

ブロック動作

 

ブロックというのは、ターンで得たスピードを急激に止めて、そのパワーを円盤に移し換える技術のことです。

 

これは野球のバッテイングでよく「壁を作る」と言われますが、これと似ています。

 

 

カラダの左右どちらかで半身で壁を作り、腰の回転で打つんですが、ボールを手元まで引き付けて打った方が強い打球が打てるんです。

 

円盤投げでのブロック動作は、ターンから円盤を離すタイミングより少し早めに地面を左足の親指の付け根を中心にして蹴ることによって、ターンで得られたパワー止めます。

 

その際に前に壁があるように急激に止めることによって円盤にパワーが伝わり、加速がより高まります。

 

 

ブロック動作は、左腕をコンパクトに折りたたむようにすることで効果がより増してきます。

 

その為、体の左半身でブロックする感覚をターンの練習の一連の流れの中で、肩を開かず正確にブロックすることを身に付けることが記録を伸ばすうえでも重要です。

 

ブロックは円盤投げにおいて、初心者から上級者まで重要な技術になるので、スタンディングスローでしっかり練習してからターンを使って練習すると良いかと思います。

 

 

ちなみに、円盤投げは最近の傾向としてスピードを重視して進歩をとげてきているので、それだけ技術の習得にも時間と練習量が必要になってきています。

 

トレーニングは、自分だけでやっていても限界があるので、結果を残している一流指導者のアドバイスや方法を参考にすると、より多角的な視点で効率よく強化でき、自己ベスト更新につながるかと思います。

 

円盤投げ上達革命の詳細を見てみる >>